わかりやすく『VR機』の「速報」「最新情報」「スペック」「比較」「疑問」などをお届けします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『PSVR』の概要「仕組み」「仕様」など詳細をわかりやすく解説。

PSVR㉓

以前の下記記事・・・

『PSVR』って何?そして『VR』の意味とは?

・・・にて一度初心者向けに『PSVR』を紹介していますが、さすがにあれだけで全貌は伝えられないので詳しい解説ページを作ってみました♫

もちろんここでも極力わかりやすい内容で書いていきますので安心して下さいね(*´ω`*)♬

 

『PSVR』の概要・仕様

PSVR⑳

PSVR概要

さぁ~来ましたよ!
ワケのわからん単語達がwww

 

落ち着いて1つずつクリアーしていきましょう(笑)。
名称はそのまま『PSVR』の名前なので省きますね♪

 

『PSVR』のディスプレイと解像度の仕様

まず「ディスプレイ」とは何ぞや?
なんとなくはわかっとるけどこの場合はどこを指すんだぁ~!!
答えは「PSVRを装着した時に見える画面」です♫

 

まぁ例えるとバイクのヘルメットをかぶった時に見える下記の部分ですね。

ヘルメット

 

つまり『PSVR』で言うところのココ!
(下記赤点線の部分)

PSVRキャプチャー⑩

じゃあ「5.7インチ有機ELってなんじゃい!」と。

それは「PSVITA」を持っていれば画面が有機ELなんですぐ分かるんですが、そんなに持ってる人いないですよね(-o-;)

 

これに関しては仕組みは置いといて「メッチャキレイな画像がみれる画面」って思っておいて下さい♬

 

詳しく書こうと思えば書けますが、だいぶ長文になるのでハショります(笑)。

 

次の「解像度」も同じで、概要では「1920×1080」と書いてますが「超キレイな画質で観れる!」くらいに思っていれば大丈夫です(^_-)-☆

 

家電屋などに行ったときに有機ELの液晶テレビなどが見れるのですが、「海の映像」なんかは目の前でみるとまるで潜っているかのような本当にキレイな画面が映ります(*´ω`*)

 

つまり、「SONY」がよりリアルな映像で『PSVR』が楽しめる環境を用意してくれていると言う事です!

 

『PSVR』水平視野角の仕様

「水平視野角100度」

・・・しやかど?なんじゃそりゃ?って感じですよねw

 

視野角は「しやかく」と読むのですが、ディスプレイ越しに水平に画面を観た時に映る景色の「範囲」の事です。

 

プレイヤーが実際に見える「景色」の事なんですが結論「現実と同じくらいの景色が観れる」と思っておいて下さい♬

『PSVR』は「トラッキングライト」と言う動きを感知する光を放つのですが、その光を「プレイステーションカメラ」で撮って頭の動きをゲーム内に反映させます。
今までのゲームはほとんどの方がテレビやパソコンでプレイをしてたと思うので、自分が見える「景色」を意識した事はあまりないと思います。

 

しかし『VR機』の場合「プレイヤーが観える景色」に限界があるのです。

先ほどの例をだすと、あなたがバイクのヘルメットをかぶった時に左右の視野に少しだけ「死角」が生まれ、正面に見える範囲がありますよね?
(下記画像の感じです)

ミク3
要はどこまで「観れるか」みたいな話です。

 

これに関しては遊ぶ側として気になる部分だけを説明します。

 

我々が気になる部分は「どこまでの景色をゲームで観れるか?」だと思います。

 

それを前提で答えますと、「ほとんど観れます」

 

普通にプレイしていれば現実世界との違和感は全くありません。

感覚を伝えると「目」だけを思いっきり意識して横を観れば画面とのつなぎ目の黒い部分を観えるって感じです。

 

僕が実際にプレイした「サマーレッスン」では後ろを振り向けば「後ろの景色」。
上を向けば「上の景色」がしっかり映し出される仕組みになってました。

 

しかし、あくまで私がプレイしたゲームは1つのデモだけなので他のゲームはわからないのです。

 

ただ、僕が体験した際の実際の他の人の声ではそのような話は無かったのでまず問題は無いと思って大丈夫でしょう!

 

『PSVR』のセンサー仕様

「ジャイロスコープ」「加速度センサー」
・・・聞いた事ねぇ~ぜ(∩´∀`)∩。

 

これは簡単に言うと
「頭の動きがわかる(認識する)機械」です♪

 

「ジャイロスコープ」っていうのはモノの速度や角度を認識する装置で、「加速度センサー」はその速度をさらに正確に測る装置だと思っておいて下さい。

 

『PSVR』は頭に着けるのでその動きをしっかり把握してリアリティーのある世界へ引き込む仕組みになってるワケですね♪

 

『PSVR』のインターフェース仕様

「USB」「HDMI」とあるがその前に「いんたーふぇーす」って何だ?w

 

「インターフェース」とは要は窓口みたいなモノ。
ある「メイン(対象物)」があって、それにつなげたり、連絡したりするモノの事です。

 

例えると「テレビ」には「DVDプレイヤー」や「ゲーム」などをつなげますよね?
それと同じです。

 

そしてこの場合「メイン(対象物)」は『PSVR』です。

 

そして「USB」「HDMI」は「メイン(対象物)」の『PSVR』につなげたり、連絡出来るモノですね♪

 

「USB」はパソコンをやらない方はわからないかも知れませんが、「画像(写真)」とか「データ(電話帳の登録内容など)」を記憶出来るモノで、「HDMI」は「パソコンモニター」や「テレビモニター」とつなぐことが出来る「配線」です。

 

つまり『PSVR』はそういったモノを接続できる仕組みになってるって事ですね♪

 

『PSVR』の機能仕様

さあ、ここまでお疲れさまでした♪
ついに最後の項目ですよ(;’∀’)

 

「3Dサラウンド」は「立体音響(りったいおんきょう)」とも言われたりしますが、要は「超凄い音声システム」です♪
モノによってかなり音の感じ方が違うのですが、『PSVR』ではかなり良いモノを使ってそうです!

 

「ソーシャルスクリーン」は何かしらの「新しい情報を教えてくれるシステム」です。
『PSVR』ではどの様に使われるのか、まだ詳細は出ていませんでしたが、インターネットを使うゲームなどで有益な情報をプレイヤーに提供してくれるのだと思います。

 

・・・・以上が『PSVR』の概要説明でした♫

 

いやいや長い事お疲れさまでした(;’∀’)

僕もブログで初めて2000文字以上書きました(笑)。

とりあえずはこんなところですが、あとで説明足らずな部分や気になるところは修正していこうと思いますので、もし気が付いたかたがいたら教えていただければありがたいです♪

 

他の記事「メガネをかけても大丈夫?PCでも遊べるの?」などの疑問解決はコチラ♪
>>『PSVR』の気になる疑問アレコレ<<

 

「PSVR発売ソフトまとめ」はコチラ♪
>>PSVRソフトまとめを見る<<

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

遂にPSVRの予約開始!!

【本体(単体)】
【本体(カメラ同梱版)】 【PS CAMERA】
【PS MOVE(PS4専用)】
【PS CAMERA用マウントホルダー】 【PS CAMERAクリップスタンド】 【PS4 pro】
【PS4 slim】

人気のPSVR専用・対応ソフトランキング!

このブログの管理人

このブログの管理人

名前:シノビー

はじめまして♫

PSVR応援団長です☆

プロフィール詳細

期待のソフトランキング!

期待のソフトランキング!

VRを簡単に体験出来るよ♪

VRを簡単に体験出来るよ♪

PSVRの基本情報

PSVRの基本情報

管理人の体験記や思う事

管理人の体験記や思う事

発売予定ソフトまとめ

発売予定ソフトまとめ

PSVRの疑問アレコレ

PSVRの疑問アレコレ

現在キャンペーン中♪

ゲオの宅配買取 DVD・ブルーレイ・ゲーム・CD・iPod&WALKMAN

簡単査定+本数5本以上でプラスα!

古いゲームを簡単高額買取!